初めての方へ

ホーム > 初めての方へ

時間・お金・ライフスタイルを自由に選び、
「なりたい自分」になれる
「トップ1%の行動原理」

 

当サイトは、今のあなたがどんな状態であれ、

「時間」と「お金」という人生の二大リソースを自在にコントロールし、

各分野の頂点を目指し、やりたいことで成功したい、

「なりたい自分」になりたい!

という人のためのサイトです。

 

例えば、あなたが、

 

・経営者であれば、安定して成果を出し、会社を成長させ続ける

・士業であれば、安定的にクライアントを獲得し、事務所を成長させ続ける

・保険のセールスであれば、MDRT・COT・TOTになり、そうあり続ける

・会社員であれば、同期のエースになり、課長、部長、役員と昇進し続ける

 

ことが実現できます。

 

しかも、これらの目標も達成しながら、

 

・働く時間を減らしてプライベートを充実させることも、

・自分の好きな仕事に集中して、更に生産性を上げることも、

 

可能になります。

 

自分の人生を自在にコントロールし、なりたい自分になれる方法こそ、「トップ1%の行動原理」なのです。

 

「なりたい自分」になりたい・・・・
そう言いながら、単なる「仕事人間」になってしまっていませんか?

 

忙しい割に、達成感、充実感が感じられない...

でも、休むと、時間を無駄にしてしまったと感じてしまう... 

こんなやり方のままで、将来もうまくいくのか不安...

「自分が、本当にやりたいことは何なんだろう?」と思うことがある....

もっと趣味や旅行、好きなことにも時間を使いたいのに、出来ていない。

「なぜあの人は、必死に働いていないのに、自分より稼いでいるんだろう?」と思うことがある...

 

一つでも当てはまるなら、あなたは、単なる「仕事人間」になってしまっている可能性が高いです。

 

何を隠そう、私自身が、その状態に陥っていました。

ご挨拶が遅くなりました。三井玲奈です。

私は、長年、リーマン・ブラザーズ、シティグループ、野村證券など世界的な金融機関で総額一兆円の投融資を実行してきました。

外資系と言うと、一見、高収入で華やかなイメージをお持ちになられたかもしれません。

が、その実態は、“朝の9時から朝の5時まで” 働き、早朝にシャワーを浴びるために家に帰る生活。たまの長期休暇には、完全にバーンアウトしており、ひたすら眠るだけ。

どれほど優秀で、 大きなことを為す力がある人でも、そんな状態のままでは、以前の私のように、未来永劫、ただの「 仕事人間」で終わってしまうのです。

働いても働いても充足感を得ることはできず、心も体も疲弊していく一方。そんなやり方では、いつかは文字どおり「忙殺」されてしまうでしょう。

 

「このままでは、過労死するかも・・・・」

そんな状態の私でしたが、30代なかばに体調に異変を感じ始めます。

いつものように日付をまたいで働いていた私でしたが、走っているわけでもないのに、心臓の鼓動が大きく、不規則になり始めました。

流石の私も、「このままでは、死ぬかも・・・」と恐怖感を覚えました。

それでも、仕事は今まで通りこなさなくてはならないため、どうすれば、より短時間で、同じ結果を出せるのか、真剣に考え始めました。そして、思いついた方策を、一つずつ、実行に移していきました。

その結果、仕事の生産性は、一気に向上していきました。

その後、心理学と出会い、「目の前の人のヴィジョンを実現させるサポートをする」ことが自分の使命だと気づき、起業した私でしたが、遂に、人生最大のイベントが、私の「働き方革命」にとどめを刺しました。

「出産」です。

ライフスタイルを180度見直さざるを得なくなった私に、1つの大きな疑問が湧き上がりました。

「誰にとっても1日は24時間で平等なのに、成功者は一握り。世の中の成功している人は、一体、24時間をどう使っているのか・・・」

 

「トップ1%の行動原理」とは・・・・

トップ1%の行動原理~成功者の思考と行動の習慣を体系化

折しも、リーマンショック・東日本大震災など予期せぬ出来事が立て続けにおき、これまで飛ぶ鳥を落とす勢いで成功していた方々が多数表舞台から姿を消す中、それでも尚踏み止まり、成功を納め続ける方々もいました。

「一体、何が違うんだろう?」

そう思い、その真相を確かめたいと思った私は、リーマン・ショック後も、各業界で頂点に立ち続けていた経営者・トップセールス・ビジネスパーソンの方に、直接お会いしてインタビューをすることにしました。

多忙な成功者に、初対面の私が、時間を割いていただくのは、並大抵のことではなく、何度も挫けそうになりましたが、現在までやり続けた結果、その数は、100名を超えました。

 100名超の成功者への取材を通じて、成功者には共通する習慣がある事を発見したのです。

それを、私は『トップ1%の行動原理』~「なりたい自分」を実現する7つの習慣~として体系化しました

 

「なりたい自分」を実現させるために必須の2条件とは

成功者に共通する習慣である「トップ1%の行動原理」も実践した結果、私自身は、「子育てしながら、8時間睡眠でも、年収2000万円」というライフスタイルを確立しました。

そのために、もっとも重要だったのが、「時間」と「お金」の管理です。

子育てしながら働くには、十分な休養が必須です。特に、私のように高齢出産の場合は尚更です。

しかし、そのために、収入が減ってしまっては、教育費のみならず、満足いく人生を送るために必要なお金を十分に使うことができなくなり、本末転倒です。

よって、あなたが「なりたい自分になる」ためには、私たち全員にとって最重要リソースである「時間」と「お金」を効率的に動かすことが必須なのです。

 

「時間を支配出来ない人は、お金も支配できない」という事実

モーレツ社員を地で行った外資金融時代の私は、何も考えずに働き、何も考えずにお金を使っていました。実際、働いた分のお金は十分にもらっており、お金が無くなる心配もなかったため、管理する必要もなかったからです。

しかし、リーマン・ブラザーズでリーマン・ショックを経験し、世界的大企業ですら、破綻する先行き不透明な時代に入ったことで、はたと考え始めます。

それまでの私は、お金に無頓着なだけでなく、時間にも無頓着でした。

働けるだけ働き、出費は一切管理しない。

お金も時間も、どちらも有限であることを忘れ、どちらも無駄にし続けていたのです。

 

何をするにも必要なのは、「時間」と「お金」。

リーマン・ショックと、成功者への取材を通じて、「時間とお金。この2つを、最も生産的に利用できる人間だけが、生き残れる。

そう確信した私は、「トップ1%の行動原理」を実践しながら、お金と時間を徹底的に管理し、無駄を省き、自分にとって、理想的な「時間術」と「お金の増殖法」を見つけ出しました

そして、今の自分にとってベストなライフスタイルである「8時間睡眠でも、年収2000万円」を確立したのです。

 

時間・お金・ライフスタイルを自由に選び、「なりたい自分」になるためには

あなたが、もし、この先行き不透明な時代にも、時間・お金・ライフスタイルを自由に選び、「なりたい自分」を実現させたいと思うなら、まず、「時間」と「お金」について、正しい知識を学び、正しく実践し、それを継続する必要があります

私自身のこれまでの経験と、成功者100名の共通点である「トップ1%の行動原理」を元に、時間とお金の両方を自在にコントロールできるようになる講座を開催しています。

以下のリンクから、講座の詳細をご覧ください。