企業コンサルティング

ホーム > 企業コンサルティング

生産性向上コンサルティング

私達ラポールインは、生産性の向上を通して、御社の経営者・従業員・取引先、全ての関係者様が、Win-Winの関係性を築くことをサポートしています。

方針

経営者・従業員の時間に関する意識を変え、一人ひとりの「価値」を最大化し、時間効率を上げ、会社全体の生産性を飛躍的に向上させることを目的とします。

中小企業はリソースが限られているため、一度に全てを取り組むことはできません。

そのため、まずは、経営者の価値観、経営理念を洗い出し、それに合わせた、重要度、緊急度に応じた優先的順位をつけながら、確実に施策を実行できるようにサポートさせて頂きます。

料金

コンサルティング料金は、難易度、支援ボリュームにより変わりますが、概ね次の通りです。

なお、弊社は、「成果を出して頂くこと」を第一に考えております。したがって、1ヶ月単位でのコンサルティングは行っておりませんことを予めご了承いただければ幸いです。

コース名 内容 月額料金(税別、交通費別)
標準コンサルティング
(ご訪問無)
メール相談無制限
電話相談月1回(1回90分まで)
80,000円〜
標準コンサルティング
(ご訪問形式・月1回)
月1回訪問コンサル(90分程度)
メール相談無制限
電話相談無制限(事前予約制)
150,000円〜
標準コンサルティング
(ご訪問形式・月2回)
月2回訪問コンサル(90分程度)
メール相談無制限
電話相談無制限(事前予約制)
200,000円〜

 

関連情報

平成29年度から、多くの助成金に「生産性要件」が設けられました。

例えば、「キャリアアップ助成金」の正社員転換制度の場合、平成28年度の受給額は60万円(中小企業の場合。以下同じ)でした。それが平成29年度は57万円となり、5%減額になっています。
しかし、「生産性要件」を満たせば、受給額が72万円となり、60万円から20%増額となります。

国としては「我が国は、今後労働力人口の減少が見込まれる中で経済成長を図っていくためには、労働生産性を高めていくことが不可欠です。このため、事業所における生産性向上の取組みを支援するため、生産性を向上させた事業所が労働関係助成金(一部)を利用する場合、その助成額又は助成率の割増等を行います。(厚生労働省ホームページより)」と考えています。

対象となる助成金は全てではありませんが、多くの場合、「生産性要件」が設けられていると想定しておいて頂いた方が宜しいかと思います。

なお、受給額を割増にするには、助成金の支給申請等を行う直近の会計年度における生産性が、その3年前に比べて6%以上伸びていることが条件となります。

(ご参考)
「助成金の支給申請等を行う直近の会計年度における生産性が、その3年前に比べて6%以上伸びていること。」という要件の下、次の式で計算されます。

(営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課)÷雇用保険被保険者数

 

今後ますます「生産性向上」への流れはマクロ的にも加速すると考えられます。
早めの対策をお勧めいたします。

※ 助成金の詳細については、必ず、専門家である社会保険労務士にご相談下さい。
なお、身近に社会保険労務士がいらっしゃらない場合は、弊社にお気軽にご相談下さい。